adoの日記

全員に公開(未登録会員含む)

2017年
09月24日
22:54

【XML】Behaviorタグとbucket属性

Behaviorsのページの内容について勉強しておりました。
項目数が多く翻訳にも時間がかかっている状態です。
今回は箸休めにbucket属性について書きます。
もし不明な点があればコメントなどでご質問ください。

--------

Black Bat(Manorのこうもり)に設定されている行動
<Behavior bucket="movement">Charge</Behavior>
<Behavior bucket="movement">Wander</Behavior>
<Behavior range="1">Shoot</Behavior>


bucket属性をつけることでBehaviorタグをグループ分けすることができ、Behaviorタグはbucketが同じ属性値の物同士で分けられます。
つまり、ChargeとWanderはどちらも属性値がmovementなのでmovementグループに分けられます。
しかし、Shootはbucket属性が設定されていないのでどのグループにも属しません


グループ分けされたBehaviorのうち、一番上の行にあるものだけが優先的に実行されます。
条件が合わないなどで実行できなかった場合、その次の行にあるものが実行されます。
つまり、Black Batを例として説明すると…

①Chargeを実行しようとする。
②Chargeが出来なかった場合、次の行にあるWanderを実行しようとする。

もしもWanderとChargeの場所を入れ替えた場合、Wanderはどのような場合でも実行されるため、Chargeは絶対に実行されません。

Shootはbucketでグループ分けされていないため、どのような状態でも実行されます。

参考リンク
Behaviors and Buckets
https://sites.google.com/decagames.com/xml-documentation/...
  • XML

いいね!

Realm of the Mad Godコミュニティサイト」は、「SNS作成サービス!そーしゃるぱーく(無料)」で作成された、PC(パソコン)・FP(フィーチャーフォン※ガラケー)・SP(スマートフォン)・TB(タブレット)対応のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)です。
広告等のお問い合わせは「各種お問い合わせ」までお願い致します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加